« 3パック1000円セールに飽きた理由 | トップページ | 関わらない8割と関わる2割 »

息子がベトナムから学んだこと

高校生の息子が、修学旅行から帰ってきました。
ベトナムに3泊4日の旅行です。

急成長下にある国で、その勢いを肌で感じることができる
ということでコース4つ(沖縄、北海道、屋久島、ベトナム)の
中のただ1つの外国でした。

勢いを肌で感じる。
ある程度は新聞などで様子はわかっているつもりだったし
事前に調べて行ったつもりだったけど、想像をはるかに超えて
いたそうですよ。

Cimg0466

道幅いっぱいのバイクの群衆。
信号が少ないそう。

Cimg0671

市場。
つたない英語で値切り交渉。

これまで日本では当たり前と思っていたことが
できていない事に驚きの連続で
それは緊張感につつまれた4日間だったそうです。
良いも悪いも刺激だらけ。

「なんで気付かんのかね?」

と市場の感想を言う息子。

当たり前の日本から見たらなんで気付かないのかと
思うことでも、その中に居ると全く気付かないんでしょうし
そうして日本もその「当たり前」を手に入れるまでに
非常に長い年月をかけてきたんでしょうね。

ずっと遠い未来の日本から、今を見たとき
「なんで気付かんのかね?」

と思うことが、きっとあるに違いありません。
なんでしょうねえ。

121020_002201

おみやげを見ながらふと思い巡らすのであった。。。

|

« 3パック1000円セールに飽きた理由 | トップページ | 関わらない8割と関わる2割 »

他いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子がベトナムから学んだこと:

« 3パック1000円セールに飽きた理由 | トップページ | 関わらない8割と関わる2割 »