こんな遊び方してます

店内で価格競争

昼間にゆっくり買い物できる幸せ者になった私は
底値感覚とか、イイもの選びやおもしろいもの選びの感覚が戻ってきました。

干物を選ぶときは、干物や冷凍のコーナーと鮮魚コーナーを
行ったり来たりして比較しますし
ソーセージやハムもそう。

客にとっては1つのモノを選ぶのに、
違うメーカーのものが1つの店の中に
ばらばらに置いてあることって結構ありますよね。

これって、見逃すと結構くやしい。

なんで一緒にしといてくれないの~?
知ってたらこっちを買ったのに!

幾度となく経験したことです。
今は、時間がたっぷりありますから、こんな失敗をすることもなく
逆にそれを楽しんでいるんですけどね。

最近うれしかった発見は
「ベーコンブロック1g1円」
これは惣菜コーナーのワゴンで売られているもので
「地域一番安!」というPOPが注目を浴びていたのですが

なんと、この地域一番安をさっさと破ったのが
ほんの数歩歩いた場所にある精肉コーナーの
「ベーコン100g98円」

こちらはひっそりと値下げしていましたが
惣菜コーナーのベーコンに「地域一番安!」のPOPが
なくなっていることを、主婦たちは見逃しません。

“店内で価格競争が起きている!”
客にとってはうれしい変化です。

ただただ普段から安い店で2円下がったのとは違います。
いつものあのベーコンが、いつものあのベーコンより2円下げた。

それ!もうひと押しっ。

こんな気分で応援したくなっちゃいます。
言葉には出しませんが、こんな遊び方もしているんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごほうび探しは宝探し

「あ!これおもしろい!」とか、「え~?すごい!」とか
スーパーでお宝を発見する場面は
いつもよく似ています。

上からのぞき込めるケースでの出来事です。

チーズにかけるお醤油も
枝付き干しブドウも
殻付きアーモンドもそうでした。

そして、今日は国内産小麦100%のホットケーキを
のぞき込んで発見しました。
シャレたパッケージと国産小麦という文字が目に飛び込んできて
あっという間に「今日のご褒美」用にお買い上げです。

私にとって、上からのぞき込んで出逢う場面は  “発見”
で、陳列棚で出逢う場面では “選ぶ” なんですよね、これが。

意図的にそうされているんですかね。
まんまとハマっているのかどうかは解りませんが

毎日ちょいちょい何かしら理由をつけて自分へのご褒美買いをする私は
意図的にのぞき込めるケースを探すんです。

そうした方が、運命の出逢いにたどり着ける確立が高く
最もふさわしいご褒美にも出逢えるわけです。

ごほうび探しは宝探し。

あしたは何を発掘できるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビージーエム

私が一番好きなスーパーは、特に目立った特徴がないんですが
トータルな居心地の良さは抜群です。

スーパー大好き人間の私でもこの居心地の良さを
言葉にするのは難しいですね。

ただ最近、BGMの心地よさに気付いたんですよ。

BGMと言っても、文字通りの音楽だけでなく
雑音とか客の会話とかお店の人の掛け声なんかも含めて。

何の抵抗もなく耳に入ってきます。

特に面白いと思うのは、魚屋さんのおしゃべり。
ここのお魚やさんは強化合宿でもしているんじゃないかと
思うほど、「声出し」がすばらしい。

一番年配の男性スタッフさんはまるで演歌歌手のような
通る声で、いつも大きな独り言を言って、周りを笑わせています。

そして、そのあとを追いつけ追い越せとばかりに
若手が大声をあげているんですよ。

で、その中にちょっと外れたおじさんがいて
これがだみ声の上に口が悪い。

ある意味人を惹きつけています。

 若い男性客 「おじさん、これもうちょっと安くならない?」
 魚屋さん「おじさん~??お兄さんって言わないと聞いてやらない」

 若い男性客 「じゃあお兄さん(笑)ちょっとまけて」
 魚屋さん「いくらに?え?むり、絶対無理。そりゃー無理」

 若い男性客 笑いながらその場を去る。

それを回りで聞いている客もちょっと口元をにんまりさせながら
心のどこかで「なら、お兄さん言わせるな!」と突っ込みをいれている
のです。きっと。

この口の悪い「お兄さん」、結構人気者です。
どこか憎めない口の悪さなんですね。

なんだか元気が出ないときは、耳に心地よいBGMがかかっている
スーパーを自然と選んでいます。

気持ちが沈む曲や元気が出る曲など
店によってずいぶん違うので、
体調によってはスーパー選びの基準になったりします。

私はやっぱ、「焼肉食べ放題♪」が好きですけどね。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一票を投じる

平日に通うスーパーに、ちょっと魅力的なコーナーがあります。
それは、ビールのコーナーです。

人気のあるビールを隣合わせに並べて
空いたスペースを前出しせずにその人気を競わせる方法をとっているんです。

客から見ても、かなり意図的だとわかるのですが

“あ、やっぱりね。これの方が美味しいよね” とか
“がんばれ!私も一票入れるよ” などと

参加できる感覚が楽しいので、毎日一票投じて(買って)います。
(もちろん私用)

気付いてから数カ月たちますが
いつの頃からか、ランキング表示されるようになって
見事ひいきのビールが1位になっていました。

受けるだけの買い物から一歩進んで参加できる買い物へと
プラスアルファを提供してまた通いたくなる仕組みを作ってるのかもしれませんね。

毎日おもしろいです。
いっそのこと、『昨日のランキング!』くらいのスピード感のある表示をして
みたら、ビール好きが毎日楽しみで通うかもしれないのに。

なーんてことを巡らせながら今日もスーパーを遊んで
しまいました。

いろいろ遊べるからスーパーっておもしろいんですよね。
さて、明日は日曜日。
思う存分スーパーを遊ぶ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクエストしてみる

秋ですねー。
台風が秋を運んで来てくれました。

あんなに食欲が落ちていたのに、成長期かと思うほどにお腹がすきます。

乾きもののパンや焼き菓子、チョコレート。
夏とは嗜好がガラッと変わってきました。

私の場合、9月に入ってお魚を頻繁に買うようになりました。
もしかしたら一年で一番お魚が食べたくなるシーズンかもしれません。
夏が「肉:魚=5:2」なら、今は3:4かなあ。

お魚といえば、煮るか焼くかの1素材1調理になりがちなので
あまり時間をかけたくないのが本音。

時間がないのも手伝って、切り身や味付け済みの
塩ジャケ、生サーモン、はまちの醤油みりんづけ、
生さんま、ししゃも、えび、いかなどを買うことが多いです。

実はですね、先日からずっと探しているお魚があります。
てっちゃん店長が教えてくれた
「骨ごと食べれて美味しい!」という『さんまのみりん干し』

スーパーで探しているのですが、なぜか、なぜか
私が通うスーパーでは売ってないのです。

で、今日は思いきってリクエストしてみました。

・・・といっても声をかける勇気と根性がない私は
ご意見箱を常設していて回答が早いS店にリクエスト。

レジを通過したあと、店の隅でコチコチと書いている後ろ姿に
視線がささります。

苦情じゃないからね、、、と背中から発信しながら
2~3分で書きましたが、結構勇気いります。

さて、どんなお返事があるのか
明日からしばらくあの店に通うことになりそうです。

あの店なら聞いてくれるかな。
ちゃんとお返事くれるかな。

勇気を出してお店に声だし、リクエストです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

気になるポイント

今日の “気になるポイント” は何かな?
そんなことを楽しみにお店に入るのもスーパーの遊び方の1つです。

今日はお魚がおいしいFSさんに行きました。

お店に入ってすぐに気になったのは
空っぽになった箱3個。

 「何?何?何が入ってたわけ?
 超売れてるじゃん!」

と、もちろん心の中で叫びながら
こっそり箱の側面を眺めて、それが「いちじく」の箱だと
わかりました。

赤いインクで「たべてみんさい、うまいんじゃけん」と
書いてあったのも購買意欲をそそります。

空になった箱とか、棚の空いたスペースとかめちゃくちゃ気になります。
『あー、買えなくて損した』と思うくらいくやしいです。

それが1つ目。

そして2つ目は、『円高差益緊急還元セール!』のPOP。

そのセール品はアボカド 1個98円
んー、それほど大きく書くほど値段かなあ。
普通のセールの値段だと思ったので素通り。

それよりも、その円高差益還元というPOPを読んで
そうだ、まだ還元してもらってないということに
気付いてしまいました。

明日は何を還元してくれるのでしょうね。
期待が膨らみます。

そして3つ目。

『今夜はウチ飲み 居酒屋メニュー』の旗。
お惣菜コーナーに立ててあった大きな旗の文字なのですが
居酒屋メニューって一体何だろうって興味がわいて
じっくり見てしまいました。

確かにビールに合うちょっとスパイスの効いた
メニューがずらっと並んでいて、惣菜がグレードアップして
見えました。

「居酒屋メニューなら買ってもいいかな。
自宅で真似できないものなら食卓を賑わわせてくれそうだから
買ってもいいかも。」

と買う気満々になりましたよ。

さあて、明日の気になるポイントは何かな?
ちょっとしたサプライズで待ち受けてくれるスーパーは
情報の鮮度もぴか一です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイントの力

私の友人はポイントを優先してスーパー選びをします。

購入額に対する還元率を計算し、少しでもよい方に
乗り換えます。

私の場合、クレジットカード付きはもはや時代遅れだと思うのですが
彼女の場合、クレジット付きのカードをたくさん持ち運んでいます。

そんな彼女がダメだしをするカードがあります。

1000円以上お買い上げのお客様にスタンプ1つ押印します。
期限付き。

というのと、1か月2万円以上お買い上げのお客様に
50円割引券を6枚進呈します。

というシステム。

彼女いわく、「1000円分を週に1回買う客と500円毎日買う客と
どっちを大切にしてるんだー!」

また、「2万円お買い上げと4万円お買い上げと同額の割引券
というのはどういう訳だー!」

ということらしい。

確かに今や当たり前になってしまっているポイント制だからこそ
質の悪さが目につきマイナスイメージにもなってしまう。

もらえたらラッキー。
そんな私のような客ばかりではない。
いえ、むしろ厳しい意見を持った彼女のような客が普通かもしれない。

だけど、最後に意見が一致したのは
ポイントの還元方法。

「自分がカードを読み込ませてお買い物券を自ら出す場合の
 心理としては『やっと貯めたわ』

 であるのに対し

 レジ通過時に“お買い物券が出ました~”と言われて受け取る場合
 『ラッキー、もらっちゃった!』というプレゼント的な喜びが
 生じること。」

期限が切れてしまうリスクもこちらの方が少ないし
何より女性はプレゼントに弱い。

ポイント力はまだまだ健在のようです。
お給料日前のために取っておこーっと。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーをどう歩く

家電芸人という言葉があるように
もしスーパーマーケット芸人が居たら・・・

そんなこと思ったことありませんか?

スーパーは今や当たり前のように存在し、当たり前に買い物をする
場所ですが、実はお店によって攻略法は千差万別。

どこからどう進んで、あの辺りをチェックしてから
ここへ進むととってもお得! とか

特売品の中で一番力が入っているのはこのコーナー とか

他店ではなかなか手に入らないヒット商品はこのあたり とか

実は死角になっているココが狙い目! とか

結構あるんですよね。これが。
おそらく、おそらくですよ。

作った人と使う人は、それぞれ目線が違うから
その使い方にも若干誤差があるんじゃないかと思います。

例えば私が頻繁に行くスーパーの中で2店ほど、死角にイイモノ置いてる
ところがあります。

ここで言う死角は、レジを済ませて出口に向かうときに見える陳列です。

「え~~?何でこんなところにこんなイイモノがあるの?
 見えてたら間違いなく買ってたわよ!」

と思ったこと数回。
そんなこんなの利用法を徐々に習得して、やっと
自分なりの攻略法が出来上がるというわけです。

スーパーはある意味、主婦のテーマパークですから
“○○スーパーの歩き方”とか
“○○スーパーのお得な回り方”とか

おもしろガイドブックなどあればうれしいんですけどね。

あと、これはいつもの妄想の域になっちゃいますが
主婦が大好きなビューティトーク、エイジングケア対策を
スーパーの歩き方と絡めて、
『エイジングケアしながらスーパーを楽しむ』攻略法なんてあったら
面白いかもしれませんね。

あー、GWは開放感でいっぱいです。

いつもなら癒されに行くスーパーですが
今日はお散歩気分でした。

スーパーのみなさま、いつもありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィットネススタジオに興味津々

めくるめくテナント入れ替え。
春は入れ替えのシーズンなのでしょうか。

私が頻繁に行くスーパーは、そう大きくもないのですが
テナントの数はかなりあります。

創業当時から人気のお店もあれば、
早々に撤退する店もあります。

スーパーってそういう意味でも常に新しいテーマを
消費者に与えてくれるテーマパークなんですよねー♪

近々、CD店の撤退後に、なんとフィットネススタジオが
登場するそうで、すごーく気になっています。

なぜ気になっているかというと・・・

この店は、これまで街中に単独で店を構えていて
その近くを通るたびに、行ってみたいけどわざわざ行く
ほどのことでもない。

そう思っていた店なんです。

なぜわざわざの必要がないかというと
30分間だけで、お財布から無理なく払えるレッスン料で
しかも女性限定。

そんなお手軽なレッスンだからこそ、お手軽に通える場所に
なければ意味がないんですよ。

お手軽なレッスンが、お手軽に通えるスーパーに
登場したのであれば、ベストマッチじゃありませんこと。

そんなこんなで、この出逢いにときめいています。

でもね、すぐには行きません。
まず2~3ヶ月は様子を見ます。

どんな人たちが出入りしているの?
先生は?どんなレッスン内容なの?
流行ってる?

と観察します。
それともう一つは、実際に行った人の感想、口コミを待ちます。

ママ友には、暗黙の役割がありまして
先頭を切ってリサーチする使命を持つ、リーダーママ友がいます。

その両方から総合していくかどうかを決めます。

こんなクローズ型のショップは興味があっても慎重になりますね。
だけど気になるー。

目指せ、お買い物美人!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏エンドを狙え!

節約本って、毎月同じような内容を繰り返しているのに
なぜかファンが絶えることもなくヒットを飛ばしていますよね。

私も数年前、かなりハマって毎月2冊は買っていました。
それを買わないほうが節約できるのにね(笑)

この節約本の魅力は「みんなで一緒に節約してる感」です。

いつかは私もカリスマ読者として紙面に登場したりして・・・と淡い期待と
遊び心でモチベーションを上げるために買っちゃうんですね。

素敵な奥さん、おはよう奥さん、ESSE、サンキュ!、mart
この辺りは定番です。

最近になって、にわか専業主婦の私も数冊買いました。

俄然節約に身が入るというか、「生きがい!」ってくらい楽しくなるから
不思議です。

でも、数年前と少し傾向が変わってきているようです。

チラシ攻略法 → 1週間まとめ買い → 1週間使いまわしレシピ

と、ここまではおなじみのパターンですが
この後に、「スーパー攻略法」が加わっています。

martでもお買い物を楽しむ方法などが載っていますが
サンキュ!4月号では「スーパーの回り方、教えます!」
ってのが載っていました。

この中で面白いと思ったのは次の3点

★スーパーでは屈伸せよ!棚の上下段にお得がある。

 屈伸って~、面白い発想。上下段にはメーカーの2番手以下が
 多いから値引きされやすいんですって、本当かなあ。
 さっそくチェック対象です。

★お得なものは「裏エンド」にあり!

 裏エンドって、専門用語じゃない?客もプロになれ!ということかな。
 ふーん、いつも歩いてるあのあたりのことね。
 ふむふむ、ここに激安商品がひっそり置いてあるのね。

 たしかに、この通りは本命買いが終わって「何か面白いものないかなー」と
 ふらふらするあたり。
 面白いPOPを見つけて、予定外の商品を買ってみたり
 意外に安いものを発見したりと、楽しいゾーン。

 一層気合を入れてチェックしなきゃ!です。

★「4白」で見極めよ!

 豆腐、牛乳、食パン、卵 この4つが安くて品揃え豊富なら
 回転率がいいのだそう。

 ほっほー、安いかどうかはチェックしてるけど、品揃えまで
 比較してなかったなー。
 4白チェックなんて、プロっぽい感じ。

と、他にも攻略ポイントが紹介されていました。
しかも、流通ジャーナリストでテレビに出まくっているK氏の解説で。

今日はこの3点を狙ってスーパーを遊んできます!

節約ばっかりアタマにあると、買い物が苦痛になるので
やっぱ、楽しまなきゃ。

ほどほど節約、ほどほど買い物、ほどほどハッピーがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)