他いろいろ

看病するとき欲しいもの

子どもがとうとう流行遅れのインフルエンザA型を
もらって帰ってしまいました。

40.7度が2夜続いて、久々にどっぷり看病。
もしや私も感染しているかもしれない。
そんな時は、外出を極力控えて家の中にこもらないといけません。

最近、学校からの通達で、診断の日から5日間経過し、かつ熱が下がってから2日間
経過後に治癒照明をもらって登校してよし!となったので
家から出れない日が約1週間になるんですよね。

あー、長い。
熱あるときは、ポカリだ、おかゆだ、ゼリーだと騒いでいたくせに
熱が下がれば、時間をもてあまして、あれこれ食べたいと騒ぐ。

まあ、元気になった証拠ですけどね。
高校生になってもまだ子どもなんですよ。
(甘えてもらって嬉しいおバカな母親です)

と、そんなこんなで、食材は一番近くの小さなスーパーに
こっそり買い物に行っていたんですけどね。

こんな時ほしいものが、なかったりするんです。
まずは「熱さまシート」
たったこれだけのために、いちいち数キロ先のドラックストアまで
買いにいきたくない。
だけど、どーしても必要なんですよ。

「良く効くのどあめ」
一般的な「あめちゃんのど飴」はあるんですけど
本当に効きそうな、のど飴はない。

それと、看病に疲れた母のためのご褒美スイーツ。
ちょっとおしゃれなプチスイーツがない。

こうやって並べると、コンビニにはあるけど
小さなスーパーにはないのかも

久々に、スーパーに文句を言う、八つ当たり母なのでした。
はひー、明日で解放されるぞ~!

<何が出るかな 何が出るかな♪>

空き地の横を流れる川にかかる橋の増幅工事が始まりました。
これは、でっかい建物ができるに違いないっ!

ますます期待。

130221_172501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春野菜のニューフェイス

春ですねえ。

近頃、野菜が徐々に安くなってきていて
春野菜も続々登場しています。

菜の花ってこんなに甘くておいしかったかなあ
と思うほど、昔ほど苦くなくて美味しいと思います。
あれ?私が苦みのわかる大人になったからだって?
ん~、それもあるかも

でも、続々新しい品種も登場しているということもあるのでは。
今日は赤いじゃがいもを買いました。

サツマイモの風貌を持つこのじゃがいもは
大きさこそじゃがいもですが、肌はつるっとしていて
なんだか美味しそうです。

POPには「味はサツマイモのように甘く、実は黄色く・・・」
とあったので、興味津津。
ちょっと割高だったけど、買ってみました。

が~~!
家族全員の評価は・・・「普通のじゃがいもじゃん!」

POPの訴え方がそれなりに魅力があったので
それなりの期待をしてしまったのですが
残念!という印象でした。

甘くはないだろう~。
それとも、甘さを引き出す調理の仕方があったのかなあ。

などなどと、文句をいいつつ結構春のニューフェイスを
楽しんでいる主婦なのでした。

やっぱ、野菜は安くてたくさん買えるのがいいですね。
1000円で5品買えたらいいですね。

そしたら、予算の残り500円でお魚やお肉が買えます。

そしたら、メイン料理1ピン、副菜2品とスープで家族4人分1500円。
理想的だなあ。

物価目標2%アップ・・・というけれど
めぐりめぐって我が家がうるおうまでに
野菜やお肉が高くて買えないことになりそう。

ますますお財布のひもが引き締まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜高騰は地元密着店でしのぐ

野菜がこう高くっちゃ、やれん。
どうしてこれっぽっちのパセリが298円なんだあ!
もやしばっかり食べてるわけにはいかないんだぞ~。

と、ぼやきながら値段と物をいつもより慎重に選別する私。
3つ買っていた野菜を1つにする割合で、お財布のひもを
固くしています。
おのずと、冷蔵庫の中の天然?乾燥野菜が減っていくわけで
エコにもなるし、まあいっか。
って笑っていられるのもそう長くない。

でもでも、しかし。
ここ最近、あることに気付いたのでした。

そう、地元に強いスーパーの野菜は安い!ってこと!
たとえばさっき例に上げたパセリ298円と同じサイズの
同じ程度のパセリが、スーパーFSでは98円。

どういうこと?
それは、同じ区の北部にある農村部の野菜を
毎週応援販売していたという背景があるからだと思われます。
(勝手な推測です)

他県の野菜ももちろん販売していましたが
毎週一度、決まって地元産野菜の朝市をしていたのが
こんなときに、大きな格差となって表面化しているとしたら
助ける方が助けられているという、結果になっているんですね。

農家の嫁として毎日真っ黒になって畑や田んぼで作業をしている
友人は、以前こんなことをつぶやいていました。

「野菜はね、気も手もかかるし、肥料や薬品代もかかる
 売れてもたいした得にはならんのよ。」

そんな彼女たちの野菜を、このスーパーは時々
地元の主婦たちの目につくところに置いてくれていたわけです。

彼女たちの頑張りが陽の目を浴びているのです。

いましばらく野菜高騰が続く間は、地元密着店でしのぐことにしましょうかねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショッピングモールができるらしい

団地の入り口の空き地開発はゆっくり進行していますが
私たち主婦が期待した大きなスーパーは
今のところ期待外れだったようです。

ずーっと待ってたのに~
ホームセンターができるってもっぱらの噂よ!
えー?いらないよ。
期待させないでよ。

と、勝手に期待しておいて、好き勝手言ってる私たち。

がー、そんなブーイングも、一瞬でかき消されていくような
ビックなニュースが!

この空き地から車で10分ほどの場所に
西日本最大級のイオンモールができるという噂♪

生活動線上でないため、小耳にはさんだ時はあまりピンとこなかった
のですが、よ~く考えてみるととても近いことに気付きました。
一つの山を削って広大な土地を造成しているそうです。

じゃ、近くの空き地はホームセンターでもいいかな。
勝手ですみません((-_-;))

何が嬉しいって、おしゃれなカフェやお洋服や雑貨店がテナントで
入っているだろうから、休日の隙間時間が充実するってわけで。。

でも、やっぱ食料品は買わないなあ。
イオンモールとイオンのスーパーのイメージは
私の中ではまるで違うのです。

週イチショッピングモールが大切か
毎日通うスーパーが大切か

もちろん。。。だよね!
お客はとっても勝手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お鍋の季節に突入~

今日で11月も終わり。
一年の締めくくり、12月がやってきます。

この時期になると、お鍋が恋しーくなるのですが
寒さが厳しくなってきたからという理由以外に
お歳暮、クリスマス、年末年始と、
「一体どれだけお金を流し込めばいいんだ!」
と言いたくなるくらい出費が増える時期だからという
大きな理由があります。

そこでなぜ鍋なのかというと、
早い・安い・満足(栄養たっぷりで母としての責任が果たせる)
だからなのです。

毎年新しいスープが登場していますが
今年は塩こうじのスープやスンドゥブチゲスープなど
今までとは方向の違うタイプが増えているので
しばらくは楽しめそうです。

今日は「かき鍋スープ」を買いました。
広島なので、随分前から「かきの土手鍋スープ」は
あったのですが、名前が「かき鍋」に変わっただけで
新鮮に感じるから不思議です。

かき150g 489円
かき鍋スープ 298円

もうこれだけで800円にもなりますけど、
白菜やお豆腐、しらたき、春菊などを買っても
1500円で買えますもんね。

我が家の1日当りの食費予算通り。
ばっちりです。

主婦にとって、一年で一番やりくりが必要な12月。
そして、一年で一番家事が大変な12月。
そしてそして、一年で一番おつきあいが大変な1月が
やってきます。

さ~て、主婦の腕のみせどころ。
小さく節約して、小銭をためてまいりますわよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子がベトナムから学んだこと

高校生の息子が、修学旅行から帰ってきました。
ベトナムに3泊4日の旅行です。

急成長下にある国で、その勢いを肌で感じることができる
ということでコース4つ(沖縄、北海道、屋久島、ベトナム)の
中のただ1つの外国でした。

勢いを肌で感じる。
ある程度は新聞などで様子はわかっているつもりだったし
事前に調べて行ったつもりだったけど、想像をはるかに超えて
いたそうですよ。

Cimg0466

道幅いっぱいのバイクの群衆。
信号が少ないそう。

Cimg0671

市場。
つたない英語で値切り交渉。

これまで日本では当たり前と思っていたことが
できていない事に驚きの連続で
それは緊張感につつまれた4日間だったそうです。
良いも悪いも刺激だらけ。

「なんで気付かんのかね?」

と市場の感想を言う息子。

当たり前の日本から見たらなんで気付かないのかと
思うことでも、その中に居ると全く気付かないんでしょうし
そうして日本もその「当たり前」を手に入れるまでに
非常に長い年月をかけてきたんでしょうね。

ずっと遠い未来の日本から、今を見たとき
「なんで気付かんのかね?」

と思うことが、きっとあるに違いありません。
なんでしょうねえ。

121020_002201

おみやげを見ながらふと思い巡らすのであった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町に何かが現れる!

中規模の書店が閉店し、その後に何が入るのか
家族でうわさしていたところ
全く想像していなかった「名店街」が姿を現しました。

えー?今時名店街?
JRの駅はずーっと遠くにあるのに?
道の駅って場所でもないのに?

そうなんです。
まだ何の店が入るかわからないんですが、1つだけ
もみじまんじゅうのロゴが表に出ていて、最上部に「名店舎」という
店名が現れました。

左右200メートル程の場所にスーパーがあるので
スーパーに対抗しているとは思えないし
競合になるような商品を扱うとも思えない。

数々の団地につながる大通りに面しているから
車の交通量は非常に多い。
周囲に住んでいる人たちは、幅広い年代で生活スタイルも様々。
誰を何を目的にここに登場しようとしているんでしょうか。

こんなふうに、いち消費者である私も家族も
「町に何かが現れる!」事に対し、実はわくわくドキドキ
期待しているんですよね~♪

昔、商店街がスーパーに対抗して名店街を作っていたように
記憶していますが、それも実を結んでいなかったように思います。

なのに、なぜ

時代に逆行しているのか最先端を行っているのか、
おそらくスーパーのテナントではない独立した集合体として
新しい何かを発信しようとしているのでしょう。

オープンしたら、その何かを発見しに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の総菜コーナーに田舎のネズミが驚く

先日、東京自由が丘のスーパーに立ち寄りました。
場所が自由が丘だからかもしれませんが
総菜類の充実加減が尋常じゃありませんでしたよ。

あ、これはもしかしたら田舎のネズミ的感想かもしれませんけどね。
いわゆるデパ地下の総菜店が普通のスーパーに入っちゃってるみたいでした。

私の知っているスーパーでは、
自前の総菜コーナー:テナントの総菜店=3:1
くらいなんですけど、この店はその逆で1:3くらい
総菜テナントが占めていましたね。

販売の単位も1人前からの少量パックになってたし
少しでいいから本当に美味しいものが欲しい人の期待に
答えてくれているのでしょう。

地方では大型スーパーが人気個人商店を誘致した
ショッピングモール形式が人気を集めていますが
東京のこのお店は小さい面積ながら、個人商店を
店内に出店させ、人を集めている。
そういうふうに見えました。

これまでは、ライバルだったスーパーと個人商店。
これからは相乗効果を狙っていくということなのでしょうか。

良いか悪いかは別として、消費者の一人として
その形式はとっても楽しくお買いものができます。

それにしても、こんなに情報網が発達していて
日本中どこに居ても最新の情報が手に入る時代なのに
東京はやっぱりダントツ。
地方は(私の周りは)数年遅れています。

地方は地方で味のある売り方をしているのでいいんですけどね。
もっとワクワクさせてほしいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10年以上主婦たちが噂し続けた待望のスーパーが遂に?

もう1年半も前になると思いますが、このブログで
大型ショッピングセンターがやって来る!らしい
と書きました。

あれからずーーっと噂のままで、何の動きもなかった荒れ地に
やっと、やっと!工事らしき動きが見えてきましたーっ。

120919_153102

ね!ブルーのショベルカーが見えるでしょ。
この左側にずーんと広大な土地が広がっています。

うちの住宅団地は向かいの山に入ってすぐのところにあるので
そりゃーもう期待しすぎて、待ち過ぎて
想像はウォルマート級にまで大きくなってしまいました(笑)

でも、10年以上もの間、私たち主婦友の間では
スーパーが建つということに確定?しているのですが
実は、どーっこにも、そんなこと書かれていないんです。

噂って恐いですねえ。
でも、それは来てほしいということにもなっているのです。
都市計画として慎重に検討された結果、いったいどこの何が来るのでしょう。

立地としては、大きな住宅団地に四方八方囲まれ
数キロ先までスーパーの無い場所なので
かなり大型のスーパーでも客の吸引力はあると思います。

ただ、おしゃれな街とは言えず、流行に敏感ともいえず
どちらかと言えば、子どもを育てる環境をまず第一に考えて
住んでいる「家族第一主義」の人や、何世代も住んでいる
農家の方が多い地域です。

さあて、私たちの期待の結果は?
スーパーサンリブさんは数キロ先にあるし
フレスタさんもあるし
生協さんはそんなに店舗をボンボン出さないし
来るとすれば、ゆめタウンさんか、イオンモールかなあ
それとも、スーパーじゃなく大病院だったりしてー(汗;)

それもいいけど、いっそ広島初というのも期待しちゃうなあ。
ただし、お魚は生きのいいのがいいね。
お肉は国産中心がいいねえ。

テナントが入るなら、週イチ通えるエステバイキングなんてのが
あったり、小粋な商店が入ってたら楽しいなあ。

と、どんどん妄想を広げていく主婦たちなのでした。
(勝手に言ってろ!)

いつできるのか、パート情報誌なんかチェックしてたら
いち早くわかるかもしれませんね。

いえ、私、そんなに暇なわけじゃあありません。
ただ、ただ、待ちわびているだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は秋が早いから

そろそろ毛布を出さなくっちゃ。
と、自分で言って、ふと「違うよね」と言い直しました。

朝、肌寒くてタオルケットをぐるぐる巻いて
小さくなって寝ている子どもたちの姿を見て
ついそう思ったのですが、まだ9月に入ったばかり。

今年は秋が早く訪れたのかなあ。

いつもならスーパーにいち早く並ぶ秋野菜や
秋の魚、新作チョコレートに秋を教えてもらっていたのですが
今日は、新作のサクサク系チョコレートを早速2つカゴ入れ
春菊食べた~い!と、野菜コーナーを探しました。

残念、春菊はまだのようですね。

今夜はそんなわけで、サンマの塩焼きにしました。
 北海道産の新鮮なサンマ 2尾398円
 
 北海道産青くび大根 1/2本 88円
 高知産の青ゆず 2個98円

昨年は、あれこれ要らぬ不安にあおられていた
サンマたちですが、今年は穏やかに秋の食材として
食卓を賑わせてくれています。

あ、、不安にあおられていたのは私たち主婦で
あおっていたのは、報道関係でしたね。
サンマは、ずーっと美味しいサンマなのでした。

日本は豊かな食材に囲まれて幸せですね~。
しみじみ感じる今年の秋です。

秋は旬の食材たちがお店で待ち受けかまえてくれているので、
献立に悩むことが少ない季節。

一年で最も和食の頻度が高くなります。

めんつゆやみりん、お醤油などの基本調味料に
こだわるのもこの季節。
素材を味わいたいからなんですね。

さて、広島産のマツタケはいかがなものでしょうか。
県民の口に入るのでしょうか。
今年もマツタケ待つだけ?
(失礼しました;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧